topバナー
facebookバナー

1750045

TOPページ>ヘッドライト加工

ヘッドライト加工とは?

ヘッドライトは車の顔なので加工する事で車のイメージを大きく変える事が出来ます。人に例えると眼の整形手術と言った所でしょうか。

一口に加工と言ってもその目的で内容も変わってきますね。

大抵の場合はドレスアップなのでイカリングを取り付けたり、ウィンカーをLEDにしたり流したり、或いはアクリルを使ってがっつりと作り込んだりと、ご予算、目的によって様々な選択肢があります。

ドレスアップ目的であっても公道を堂々と走行出来てディーラーにも入庫出来る合法仕様もあれば、イベントやショーに特化した激しい加工もあります。

ひたすら性能を上げたい場合はリフレクターからプロジェクターへの変更だけの加工もありですね。プロジェクターを常時4灯ロービーム点灯させる加工では夜間の照射能力が格段に上がりますので暗いヘッドライトの様に怖い思いも無縁です。

ウィンカーのLED化だけでもLED特有のキレの良い点滅を手に入れるだけで気分も変わります。
最新型の輸入車の様にデイライトがウィンカーに変化する発光ラインを組み込めばそれだけで優越感に浸れます。

点灯部分は触らずにヘッドライトインナーを塗装したり水圧転写加工したりで消灯時のイメージを変える加工もあります。

何がしたいのか、何が出来るのかよくわからないと言う方もご相談頂ければ目的やご予算に応じて最適な加工を提案させて頂きます。

以下のサブメニューからメニュー別加工内容の説明をさせて頂いておりますので、ご参照頂ければ幸いです。


TOPページへ